花粉症で肌が荒れる?解決の鍵は抗ヒスタミン?

辛い花粉の季節がやってきました。

くしゃみがひどくなったり鼻水がひどくなったり、目がかゆくなったり・・・

 

ひどい人では肌荒れが出てしまうという方もいますよね。

今回は、そんな花粉症の時期の肌荒れについて解説していきます。

どうして花粉症の時期に肌が荒れる?

どうして花粉症と合わせて肌まで荒れてしまうのでしょうか。

 

目や鼻、喉なんかでは粘膜に花粉が付着して、それに反応して追い出そうとしますよね。

 

実は、花粉症の時期の肌荒れも、肌の上でこれと同じことが起こっているんです!

だから赤くなったり、カサカサしたり荒れたりするんですね。

 

結局はこれもアレルギー反応です。

 

ですので、いつもより入念に洗顔したりしてもなかなか解決することができなかったりするんです。

 

では、どうしたら改善できるのでしょうか。

 

花粉による肌荒れを改善するには?

皆さんは、一般的な花粉症の症状にはどう対処しているでしょうか。

 

おそらく、マスクをしたり、目薬をしたり、薬を飲んだりしているかと思います。

 

 

その花粉症に効く薬の中で、抗ヒスタミン薬というのを聞いたことはありませんか?

 

そうです、あの眠くなるあれです!

 

あれが実は肌にも有効なんです。

と言っても、口からではなく直接肌に塗っちゃうんですね。

 

そうです!抗ヒスタミン効果があるものを肌に塗ることで花粉による肌荒れは改善できるんです!!

 

肌に塗るだけなので、眠くなるといったことが起こる心配もありません。

 

抗ヒスタミン効果のあるものとは?

ここまで、抗ヒスタミン効果で、花粉による肌荒れが軽減できるということを解説してきました。

 

では、実際にどんなものを使えば良いのでしょうか。また、どんなものを思い浮かべますか?

 

実は、抗ヒスタミン効果を持つオイルがあるんです。

 

 

 

マルラオイルというものを知っていますか?

 

マルラオイルというのは、アフリカ原産のマルラの木から抽出したオイルを精製したもので、非常に優秀うな万能オイルとして話題になっています。

万能オイルですので、肌以外にもエイジングケア、ヘアケア、爪のケアなんかにも有効です。

もちろん肌への美容効果も高く、その美容効果はあのアルガンオイルをも凌いでしまうのだとか。

 

そしてそのマルラオイル、数々の美容効果に加えて、抗ヒスタミン効果もあるということが、ある研究論文で認められたんです!!

 

そんな話題のマルラオイルのおすすめ販売店を紹介しているサイトがありましたので参考にしてみてください。