花粉症で肌が荒れる?解決の鍵は抗ヒスタミン?

辛い花粉の季節がやってきました。

くしゃみがひどくなったり鼻水がひどくなったり、目がかゆくなったり・・・

 

ひどい人では肌荒れが出てしまうという方もいますよね。

今回は、そんな花粉症の時期の肌荒れについて解説していきます。

どうして花粉症の時期に肌が荒れる?

どうして花粉症と合わせて肌まで荒れてしまうのでしょうか。

 

目や鼻、喉なんかでは粘膜に花粉が付着して、それに反応して追い出そうとしますよね。

 

実は、花粉症の時期の肌荒れも、肌の上でこれと同じことが起こっているんです!

だから赤くなったり、カサカサしたり荒れたりするんですね。

 

結局はこれもアレルギー反応です。

 

ですので、いつもより入念に洗顔したりしてもなかなか解決することができなかったりするんです。

 

では、どうしたら改善できるのでしょうか。

 

花粉による肌荒れを改善するには?

皆さんは、一般的な花粉症の症状にはどう対処しているでしょうか。

 

おそらく、マスクをしたり、目薬をしたり、薬を飲んだりしているかと思います。

 

 

その花粉症に効く薬の中で、抗ヒスタミン薬というのを聞いたことはありませんか?

 

そうです、あの眠くなるあれです!

 

あれが実は肌にも有効なんです。

と言っても、口からではなく直接肌に塗っちゃうんですね。

 

そうです!抗ヒスタミン効果があるものを肌に塗ることで花粉による肌荒れは改善できるんです!!

 

肌に塗るだけなので、眠くなるといったことが起こる心配もありません。

 

抗ヒスタミン効果のあるものとは?

ここまで、抗ヒスタミン効果で、花粉による肌荒れが軽減できるということを解説してきました。

 

では、実際にどんなものを使えば良いのでしょうか。また、どんなものを思い浮かべますか?

 

実は、抗ヒスタミン効果を持つオイルがあるんです。

 

 

 

マルラオイルというものを知っていますか?

 

マルラオイルというのは、アフリカ原産のマルラの木から抽出したオイルを精製したもので、非常に優秀うな万能オイルとして話題になっています。

万能オイルですので、肌以外にもエイジングケア、ヘアケア、爪のケアなんかにも有効です。

もちろん肌への美容効果も高く、その美容効果はあのアルガンオイルをも凌いでしまうのだとか。

 

そしてそのマルラオイル、数々の美容効果に加えて、抗ヒスタミン効果もあるということが、ある研究論文で認められたんです!!

 

そんな話題のマルラオイルのおすすめ販売店を紹介しているサイトがありましたので参考にしてみてください。

爪が反り返ってくるのは栄養不足!?治すには?

3270f756ca1b3096dd13f53ddf8cb79e_s

  • 爪が反り返ってきて気になる。
  • 特にぶつけたりしたわけでもないのに原因がわからない!
  • うちの赤ちゃんの爪が反り返ってるけど大丈夫なの?

 

そう思っている方はいませんか?

 

 

実はこれ、意外と危ないサインだったりもします。

 

そこで、爪が反り返ってくる原因や対処法をご紹介します。綺麗な爪を手に入れるために、そして健康のために!?ぜひ参考にしてみてください。

 

爪が反り返ってくる原因と対処法は?

まず、爪が反り返ってくる原因は大きく3つです。

  1. 先天的なもの
  2. 職業柄のもの
  3. 栄養不足によるもの

だいたいこの3つに分けることができます。

 

では、1つづつ解説していきます。

1.先天的なもの

 

生まれつきの性質で爪が反り返りやすくなっていることがあります。

赤ちゃんに見られて心配されている親御さんもいらっしゃるかもしれませんが、これは赤ちゃんのうちにほとんどの場合で治りますので心配する必要はありません。

 

ですので、大人で爪が反り返っているという方は次の2.3の原因が考えられそうです。

 

2.職業柄のもの

爪はケラチンというタンパク質を中心に構成されています。

酸やアルカリに多く触れる機会のある職業ではこれによってタンパク質が変性して、爪が反り返るということも起きたりすることがあります。

 

これはそのような酸やアルカリに触れないようにするというのが一番手っ取り早い解決策ですが、なかなか難しい部分はありますね。ゴム手袋をするなどの工夫をしてみるといいかもしれません。

 

3.栄養不足によるもの

爪で身体状態がよくわかるというのを聞いたことはありますか?

 

実は、爪というのは身体の様々なサインが現れてくる部分なんです。

 

今回の爪が反り返るというのは、鉄分が不足していることで起こります。

ですので、レバーや赤身魚などを積極的に摂るようにしましょう。

放っておけば鉄欠乏性の貧血にもなりますので注意が必要ですね。

http://xn--88j4hmg017um44b.net/